3Dプリンタ ANYCUBIC i3 MEGAを買った話 調整編

f:id:bikeofair:20190427100914j:plain

いろいろ

はじめに

前にも書いたけど、ノギスを使ってZ軸の調整をする手順は現行型では不要。なので特に用意するものもない。ヒートベッドに貼ってあった紙は捨ててないよね?

調整

最初にベッドの水平の調整をする。この調整はノズルが移動する平面に対する調整であることに注意。製造元が提供する動画を見るのが早い。ここでヒートベッドに貼ってあった紙が必要になる。コピー用紙でも良いようなことが書いてあるが、この紙はコピー用紙よりは厚い。

www.youtube.com何度か繰り返すことになるけれど、ノズルでベッドを削ったりすると面倒なので根気よくやろう。

次に、ノズルとヒートベッドの間隔の微調整をする。テストデータを印刷して1層目で止め、それを観察する(冒頭の写真)。取扱説明書の写真と見比べて四隅のネジを均等に回していく。ノズルが高すぎる場合はヒートベッドを上げ、低すぎる場合は下げる。ノズルからみた場合の相対高さであることに注意。説明書には半回転ずつ回すとあるが1/4回転ずつ回したほうが良いだろう。何度も繰り返すことになるが、ヒートベッドが冷えるのを待ってワークを外さないと汚れが残る。納得行ったり行かなかったりするけれど、さっさと印刷してみたいので適当に切り上げる。

結果

f:id:bikeofair:20190427121952j:plain

まずまずではないでしょうか。積層痕はこんな感じ。

f:id:bikeofair:20190427124312j:plain

良いのではないでしょうか。PLA 2 kg付き25,500円ですよ。この微調整は時々する必要があるっぽい。

3Dプリンタ ANYCUBIC i3 MEGAを買った話 組み立て編

f:id:bikeofair:20190427092213j:plain

???

準備

いよいよ組みたてる。このプリンタは北米のYoutuber向けにBanggoodかどこかが提供したらしくて紹介動画がやたらとあるので見ておこう。僕が見たのはこれ。

www.youtube.comこの動画でやたらと強調しているように、冊子体のマニュアルがあるのがこの製品の強み。なんと日本語版のpdfもある。

http://file-cloud.anycubic3d.com/anycubic3d.com/upload/201801/20/201801201613232261.zip

マニュアルを見ながら付属品の点検をする。冒頭の写真のヘラが出てきたときは何のためにあるのかわからなかった。

f:id:bikeofair:20190427092012j:plain

大盤振る舞いである。工具と交換部品付き。写真には載せていないけど使い捨ての手袋もついていた。グリスで手が汚れるからだそうである。レンチのたぐいは良いものとは言い難いので手持ちがあればそれを使うべきだけど、とにかく用意するのは作業スペースだけだ。紹介記事や動画ではZ軸の調整時にノギスが必要としているものが多いけれど、マニュアルには記載がなかった。恐らく改良でユーザによる調整は不要になったのだろう。この製品はリビジョンがいくつかあるようだ。ペンチとピンセットは運転時に必要となる。

組み立て

すぐ終わる。ネジを8本締めて、コネクタを3個つなげれば良い。コネクタは色分けしてあるので誤接続の問題もない。ネジは予備が2本ついていた。何の問題もなく3Dプリンタ本体が出現する。最初の計画ではこの段階で連休の大部分を消費している予定だった。

f:id:bikeofair:20190421144344j:plain

組み上がっちゃった。そうそう、付属の電源ケーブルは北米仕様の3ピンなので変換コネクタを買っておくとうれしいよ。

まとめ

これを組み立てキットと呼ぶのにはかなり抵抗があるし、半完成品と呼ぶのも変な感じがする。極めて完成品に近い。フレームは鉄製で剛性感がある。ホットエンドやリミットスイッチの予備も付属している。冊子体の説明書や工具一式が付属しているのは冒頭で触れたとおりだし、消耗品のPLAフィラメントは1kgのスプールが2個ある。これが送料込み25,500円である。まだ何も印刷していないけど。

あまりのあっけなさに、自分が必要としていたのはばらばらの状態で届くENDER 3だったのではないかと思い始めるのだが、組み立てキットにもかかわらず価格があまり変わらないことに思い至るのであった。

3Dプリンタ ANYCUBIC i3 MEGAを買った話 購入篇

f:id:bikeofair:20190503093257j:plain

ほえほえ

はじめに

10連休に何かしたいとういうことで3Dプリンタを買った。なにか出力したいものがあった訳ではなくて、機構部品がいっぱいのメカニカルなキットを組んでみたいというのが最初の動機だったのだが、Aliexpressをさまよっているうちに半完成品を買ってしまった。

機種選定と購入

最初は組み立てキットを買うつもりだったのでアクリルフレームはやめようとかいろいろと考えていたのだけれど、たまたま見かけたこの記事に出ていたANYCUBIC MEGA Sが気になった。評判が良いとある。いろいろ調べているうちに組み立てそのものよりも道具として使えることのほうが大事なような気がしてきた。場所ふさぎのゴミができても困るのだ。

note.mu調達先はあえてAliexpressとした。そのほうが面白そうだから。検索してみたところ、ユーザも多そうで印字品質も悪くないようだ。別にSじゃなくてi3でも良さそうだということで買ったのはこれ。

www.aliexpress.com僕が買ったときはセール期間で本体価格が19,347円、送料が7,102円、合計が25,500円とかなり不可解な計算となった。これは本体同包のフィラメントにさらに一巻き突いてくるセットの値段なのでとてもお得。でもフィラメント1kgはかなり使いでがあるし、色も選べないので別に買っても良いと思う。付属のフィラメントは白で追加のフィラメントは黒といった無難な色が来た。発送は極めて迅速で、Aliexpressの出品業者にあるまじき速さで発送された。

f:id:bikeofair:20190508202926p:plain

 Aliexpress上のANYCUBICの送料は時々変わるようだ。オーダー直後に送料が値下げになったので一度キャンセルした。この時先方の担当者とやり取りをしたのだが話はスムーズに進んだ。余談だけどAliexpressでofficial storeを名乗っているからといって製造元が運営しているとは限らないという話がある。ここは大丈夫そう。

 そして到着

f:id:bikeofair:20190407100915j:plain

連休に備えて早めに頼んだら4月上旬に届いてしまった。箱に乗せてあるのは30 cm定規。

f:id:bikeofair:20190407100944j:plain

箱を開けるとこんな感じ。置き場所が心配になってきた。

Ubuntu 18.04上のArduino IDEの文字化けを直す

f:id:bikeofair:20180624144657p:plain

Ubuntu MATE 18.04上のArduino IDE 1.8.5はコンソールの日本語が化けてエラーメッセージが読めない。Source Han Code JPは、色々試したけれど結局表示できず、Cicaがうまく行った。エディタウインドウ上でも日本語のコメントが表示される。英数字も見やすい。

github.com

preferenes.txtは以下のようにした。

editor.font=Cica,plain,18 

 

雪の上に置き放題の登山用保温コップをつくろう

P3181973

山スキーでどんなコップを使っていますか?シンプルなチタンのコップはとても軽いけど、すぐ冷めるし雪の上に置けないし。保温マグカップは重いしかさばるし高いし。などと思っていたら、食品用のスクリュー容器に自作の断熱材をかぶせるという流儀があるらしい。コジーと呼ぶそうな。というわけでダイソーで材料を探そう。

 

daisocup

320 mLのネジ式容器。2個入り。コップのような形状のものは珍しく、これがないと始まらない。見ての通り重ねることもできる。

 

DSCN4179

この容器はなかなかのスグレモノで、フリーズドライのスープや味噌汁を2個収納して蓋を閉めることができる。しかも容量の目盛り付き!

 

DSCN4176

裏がアルミのレジャーシート。色や柄が各種あるので好きなものを選ぼう。余ったら山で使う座布団に使えて重宝。他にダクトテープが必要。工具はカッターナイフ。サークルカッターがあればなお良い。サークルカッターはダイソーにある。

 

DSCN4178

工作は、極めて単純で銀色の面を内側にしてダクトテープで止めるだけ。底は2枚以上重ねると良い。型紙はこちら。

github.com

 

DSCN4177

ふたにもシートを貼ると良い。現物合わせで切り出したので型紙にはない。ふたができるのは山でかなり重宝する。

 

P3101956

これでコップの置き場所に困らないし、ふたもできるから暖かさも長持ちするよ。汚くなったら躊躇なく捨てられるし!

参考にしたサイト。

nobitatwitter.blog33.fc2.com

 

幌加内坊主山

P4292044

幌加内市街からよく見えて、ずううっと気になっていた坊主山(736 m)に行ってきた。初めての山に厳冬期に行くのは怖いので、残雪期に行ってみた。

 

P4292032

一般廃棄物処理場の脇に車を止めて出発。なぜかパトカーが巡回に来た。

 

P4292037

今年の幌加内は、記録的な豪雪だった上に結構な風が吹いたので一冬分の倒木や落ちた枝が顔を出してまっすぐ登れない。

 

P4292038

主稜線が近づいてくると木がまばらになって山スキーの山という雰囲気になってくる。雨水が流れた後に混じってスキーの滑走痕も見えてきた。

 

P4292040

主稜線上にある特徴的な木。帰りの分岐の目印になる。

 

P4292045

 最後の急な登りを終えたら山頂。山頂は広い。

 

P4292055

で、これが山頂直下の疎林。幌加内市街からよく見えるアレ。これは厳寒期に再訪したいし、ザラメの時期も当然最高。登り返して楽しむべき斜面。他にも滑るルートはいろいろと取れそう。

 

P4292060

帰りの支稜線には素敵なベンチがあった。

 高度を下げると落ちた枝だらけでまともに滑れないのではないかとヒヤヒヤしながら登っていたのだけど、どうにか板を履いたまま戻ってこれた。

幌加内町にはコンビニはないので注意。

南浅羽山

P1061907

幌加内トンネルの山。先行者は単独登山のスキーヤー2名。その割には固くしまったスキントラックがあった。曇天無風。

 

P1061898

標高432mのコルから先は視界不良のため登頂は断念。先行者2名もここから降りたようだ。雪は幌加内とは思えない重さ。

 

P1061904

深名線のバスが見える。

 

P1061899

 このあたりの笹地特有のクラックが出来ていた。カムイスキーリンクスの第5リフト周辺にできるような地面が出て来る積雪のズレ。視界不良で落ちると大怪我をするので気をつけたい。

北東に向かって降りる。先行トレースは登り返していたが、そのまま沢沿いに降りた記録を読んでいたのでそのまま降りる。だらだらそのまま進めば深名線跡の路盤が現れる。線路跡に乗るには若干登り返しがあるが、階段登高で登りきれる。スノーボードなら、沢の途中でスノーシューに履き替える必要があるだろう。漏斗型の地形なのであまり良い気持ちではない。良い斜面を滑ったら登り返すのが正解だろう。

 

P1061908

深名線の築堤は若干の登り基調だが、深雪ならシールを貼らずに進める。廃線探訪趣味がなければ退屈。